メンテナンスの方法は?

admin
Posted in 未分類

櫛医療用かつらは毎日定期的なメンテナンスをすることによってその品質を維持することが可能です。逆に毎日のメンテナンスを怠ってしまうと、せっかく高品質なかつらを用意したとしても、縮れ毛やうるおいの欠如など本来の美しさを失ってしまうでしょう。毎日のメンテナンスとしてはよく櫛を通すことや、強い成分の含まれないシャンプーでやさしく洗うことなどが挙げられます。人毛100%であれば問題ありませんが、人工毛の場合には熱に非常に弱くドライヤーなどで簡単に縮れ毛ができてしまうので注意しましょう。

しかしながら数ヶ月に一度は専門家によるメンテナンスに出すことをおすすめします。こまめにメンテナンスを出すことによってその修正にかかる費用や手間も大幅に削減することができます。逆に自分の手にまったくを得なくなってからメンテナンスに出そうとすると、修正までにかかる時間も金額も大きく変わってきてしまうでしょう。更に余裕があるならば、メンテナンスに定期的に出せるようにスペアのかつらも用意しておくと良いでしょう。予備のかつらがあればメンテナンス期間中もストレスを抱える事なくすごすことができますので、定期的なメンテナンスもしやすい環境におけると言えます。

通販の品質は問題があるのか

admin
Posted in 未分類

宅配通販で購入できる安価な医療かつらであったとしても選び方によっては使い勝手良く利用することもできるでしょう。医療用JIS認定を受けている医療かつらの通販業者も数社あり、一定の基準のうちに選ぶことができることもメリットの一つです。また品質屋をつけ心地に不安がある場合には多くの通販業者で無料貸し出しサービスを行っているところもありますので、そうしたサービスを上手に利用して自分に合ったかつらを探すと良いでしょう。また無料貸し出しサービスなどがなかったとしても、購入してから3日以内であれば返品交換も自由にできるなどのサービスを行っている業者もあります。

また通販業者であったとしても人毛100%でかつらを作成できる業者もあります。安価に抑えたいと思う場合通常は人口も使用していることがほとんどですが、人毛を使った場合の価格帯としても3万円から5万円程度と人毛でのかつらにしては非常にリーズナブルに購入することができますので、安価であったとしても毛の質感にはこだわりたいという方にとってはぴったりのサービスと言えるかもしれません。さらに通販でもレンタルすることも可能で、一時的なもののためにわざわざ購入したくないって思う方は、レンタルという方法でもかつらの入手を検討することができるでしょう。

次頁…メンテナンスの方法は?

通常のかつらとの違い

admin
Posted in 未分類

かつら男性にとっても抗がん剤治療によっても髪が抜け落ちることは大きなストレスになります。そのため男性用の医療用かつらの開発も盛んに行われています。しかしながら通常のかつらと医療用かつらにはどのような違いがあるのでしょうか。簡単に言うと、医療用かつらの場合には自分の体の一部として利用するのに対し、通常のかつらはひとつのファッションとして利用するという用途の明確な違いがあります。そのため医療用かつらの場合には、つけ心地が非常に自然となるように工夫されているため、かつらをつけていることが周囲からは気づかれにくいという点が特徴として挙げられます。

さらに医療料の場合にはより自然な髪の毛の感触を出すため、人工毛ではなく人の気で作成されていることも多いのが特徴です。人工毛の場合には熱に非常に弱いためドライヤーなどで乾かすためにどんどん劣化していってしまうというデメリットがありますが、人毛の場合には基本的には自分の毛と同じようにシャンプーができますし、ドライヤーなどで自由にスタイリングを楽しむこともできます。しかしながら,いつでも適切な状態にかつらを保つためには、そのかつらにあった毎日のメンテナンスが不可欠です。

次頁…通販の品質は問題があるのか

医療用のかつらとは

admin
Posted in 未分類

薬万が一癌にかかってしまった場合、多くの場合抗がん剤による治療を選択することでしょう。これまで多くの方が抗がん剤の治療によってがんを回復することはできていますが、一方でその副作用によると髪が抜け落ちるという現象に悩まされている方もおられます。自分の頭髪が副作用によって抜け落ちてしまうことは非常にショッキングなことですし、精神的に大きなストレスをかけることになります。そこで注目されているのが医療用かつらです。かつらと言うとその響きに抵抗のある方もいらっしゃるかもしれませんが、実際のところ抗がん剤による治療によって頭髪が抜け落ちてしまうという一時的な時期を過ごす上で、医療用かつらを利用することによるストレスの軽減は大きく注目されています。

医療用のかつらはその種類はさまざまあり、自分のニーズや予算に応じて幅広く選ぶことができます。一番安く購入することができるのは通販などでも購入可能な既製品です。しかしこうした既製品の場合には、細部にわたる調整ができない点や、自分好みのアレンジがしにくいといったデメリットがあります。自分好みのかつらを作りたいという方にとっては、セミオーダーやフルオーダーによる作成ができます。どの程度髪型にこだわるのか、かつらに用いる毛髪の部分は人工毛にするのかそれとも人毛にするのかという点など価格を左右する要素はたくさんありますが、自分のニーズに応じて丁度良い範囲を選ぶと良いでしょう。近年では医療用かつらに関するJIS規格も統一され、いっそう安定した品質のかつらを手に入れることが可能となっています。

次頁…通常のかつらとの違い