櫛医療用かつらは毎日定期的なメンテナンスをすることによってその品質を維持することが可能です。逆に毎日のメンテナンスを怠ってしまうと、せっかく高品質なかつらを用意したとしても、縮れ毛やうるおいの欠如など本来の美しさを失ってしまうでしょう。毎日のメンテナンスとしてはよく櫛を通すことや、強い成分の含まれないシャンプーでやさしく洗うことなどが挙げられます。人毛100%であれば問題ありませんが、人工毛の場合には熱に非常に弱くドライヤーなどで簡単に縮れ毛ができてしまうので注意しましょう。

しかしながら数ヶ月に一度は専門家によるメンテナンスに出すことをおすすめします。こまめにメンテナンスを出すことによってその修正にかかる費用や手間も大幅に削減することができます。逆に自分の手にまったくを得なくなってからメンテナンスに出そうとすると、修正までにかかる時間も金額も大きく変わってきてしまうでしょう。更に余裕があるならば、メンテナンスに定期的に出せるようにスペアのかつらも用意しておくと良いでしょう。予備のかつらがあればメンテナンス期間中もストレスを抱える事なくすごすことができますので、定期的なメンテナンスもしやすい環境におけると言えます。