かつら男性にとっても抗がん剤治療によっても髪が抜け落ちることは大きなストレスになります。そのため男性用の医療用かつらの開発も盛んに行われています。しかしながら通常のかつらと医療用かつらにはどのような違いがあるのでしょうか。簡単に言うと、医療用かつらの場合には自分の体の一部として利用するのに対し、通常のかつらはひとつのファッションとして利用するという用途の明確な違いがあります。そのため医療用かつらの場合には、つけ心地が非常に自然となるように工夫されているため、かつらをつけていることが周囲からは気づかれにくいという点が特徴として挙げられます。

さらに医療料の場合にはより自然な髪の毛の感触を出すため、人工毛ではなく人の気で作成されていることも多いのが特徴です。人工毛の場合には熱に非常に弱いためドライヤーなどで乾かすためにどんどん劣化していってしまうというデメリットがありますが、人毛の場合には基本的には自分の毛と同じようにシャンプーができますし、ドライヤーなどで自由にスタイリングを楽しむこともできます。しかしながら,いつでも適切な状態にかつらを保つためには、そのかつらにあった毎日のメンテナンスが不可欠です。

次頁…通販の品質は問題があるのか